体験談

体験者の声

日本では、カウンセリングに対し、抵抗があったり、マイナスイメージに捉える方が多いのが現状です。

欧米では、マッサージやお友達と会うのと同じような感覚として身近なものとして捉えられています。

ご覧になったことはありませんか?洋画に出てくる主人公が、普通にカウンセラーと話している場面を。カウンセリングは、リフレッシュをしたり、心の垢を落としたり、新たな自分に生まれ変わる場所とも言えるでしょう。

これからご紹介する体験談は、弊社にお越し頂いた方にご協力頂いた生の声です。 カウンセリングにいく事を躊躇している方、不安に思っている方が一歩を踏みだすきっかけになればと思っています。

快よくご賛同頂きました皆さまに心より感謝致します。

30代男性 Hさん

自分には過去に辛い状態があり、その過去に負い目を感じていました。

でも、その過去の状態は自分がつくり出したのではなく、環境や境遇がつくりあげたことで、 自分が負い目を感じる必要がないことを確認できました。

カウンセリングは自分で自分を知ることができる場所だということだと思います。

20代女性 Oさん

カウンセリングの最中に、自分の口から出た言葉によって「私はこう思っていたんだ」と再確認ができます。

だからこそ、自分のモヤモヤの整理ができました。

30代男性 Oさん

カウンセリングの最後に言ってくれるカウンセラーのまとめを聞いて、 自分自身の捉え方が「頑張っていたかもしれない」から「頑張ってきたんだな」に変化しました。

今の状態を自覚することができました。

40代女性 Oさん

カウンセラーに答えをもらいにきたが 自分自身に答えがあるし、出せるという体験をしました。

時間を掛けてやってきたことが、だんだんと自信に繋がりました。 皆さんも、カウンセリングをすればもっと生きやすくなるのにと思いました。

30代女性 Sさん

今までは、辛い時には1人で家にこもっていましたが、家にこもることでは得らえない 客観的視点・自分への評価・心の整理ができることが分かり、辛くてもカウンセリングに通えるようになりました。

30代女性 Sさん

人に相談してアドバイスを聞くとその結果、その人に依存してしまいそうになる事はありますが、 カウンセラーに話をしても依存はしないと思いました。

なぜなら、カウンセラーは自分の考えを言わないので自分で考えて答えをだしていけるからです。

40代女性 Uさん

自己啓発は、疲れている自分に対して更に課題を与えるので、辛さしか残りません。 その事をずっと疑問に思っていました。

でもカウンセリングは、自分の意識ではなく無意識のうちに自分自身が変わっていった。そんな感じです。 これは体験した人にしか、分からないと思いました。

30代女性 Tさん

カウンセリングって話をしているだけなのに、今までにない視点が出てきたり変わっていくのはとても不思議です。

『私もカウンセリングを少しでも 体験したい…』 次へ...