カウンセリングとは?

心理カウンセリングとは

心理カウンセリングとは心の奥にある声を聞き ありのままの自分と向き合うことです。

私たちは 日々の生活の中で どのくらい自分の気持ちを感じとれているでしょうか?
自分でも気づかないうちに 我慢をしたり あきらめたり がんばり過ぎたりしているのではないですか?
そこから引き起こる ストレス 心のモヤモヤ なんかひっかかる いつも同じ問題にぶちあたる どうしたらいいか分からないといった別の思いを抱えることになってはいないでしょうか
そんなあなたの心の声を聞いて、ありのままのあなたの気持ちに気づいてあげましょう。

自分と向き合うことが “生きづらさ”を“生きやすさ”に変える はじめの一歩になるのです。

あなたご自身が今まで生きてこられた中で培われた ・価値観 ・主観性 ・こだわり ・行動パターン ・トラウマ ・心の傷 ・知らずに心の奥にフタを締めてしまった思いなどが 現在の悩みを引き起こしている 起因となっている可能性があります。
そのような思いを ‘生きづらさ’ と呼ぶならば その生きづらさにつながっている原因をカウンセラーと一緒にさがしてみませんか?
解決の一歩を踏み出すことは難しいことではないのです。

あなたの悩みの「辛さ」を分かろうとすることから始めます。

今まで誰にも話せなかったことや、あえて話さなかったことを話すのはとても難しいことでしょう。
心の森のカウンセリングでは、ありのままの気持ちを話せるよう、信頼関係をはぐくみながら、時には待ちながら安心できる空間づくりを努力します。
ただ、カウンセラーの役目は、悩みに対する答えを教えることでも、教育することでもありません。
なぜなら、あなたの答えはあなたにしかみつけられないからです。 でも、ひとりで答えをだすことは難しいですよね。
カウンセラーの役目は、一緒に悩みながら考えていくことです。傷ついた心を癒し、乗り越える為のエネルギーを確保すること、自分の考え方の特徴を知り、新たな視点を持つことを目指していきます。
今あなたが、どうしたらいいのか分からないなら、一緒に答えをさがしていきましょう。

『カウンセリングを受けると どんな気持ちになるのか知りたい…』 次へ...